メインコンテンツに移動

よくある質問

  • 会社について
    • BICの意味は?

      「BIC」は創設者であるマルセル・ビックの名字、Bichからとったものです。
      BICのより詳しい歴史についこちらをクリックしてください。

    • BIC®ロゴの隣に立っている小さな男の子は?

      これは、「BICボーイ」です。学生をもとにし、頭をボールの形に変え、背中にはペンを背負っています。

    • BICに新しいアイディアを提案したいです。どうしたらいいですか?

      BICは、すでに登録または公開されている、知的財産権の下で保護されているもの以外のアイディアやコンセプト(例:特許、実用特許、工業デザイン)は審査しません。審査対象となる場合、公式の特許公開文書のコピーと共にアイディアやコンセプトをBICに送付して公開情報として検討を依頼することができます。宛先は以下の通りです。公表されている情報のみを送付してください。BICに開示された情報は、秘密情報として取り扱われません。BICより個別にご連絡いたします。

      Société BIC
      Legal Department – Invention Submissions
      14, rue Jeanne d'Asnières
      92611 CLICHY Cedex
      France

    • お気に入りのBIC®商品が見つかりません。直接購入することができますか?

      BICは、商品を直接お客様に販売しておりません。BICの商品は、食料品店、薬局、大型小売店、文具店など、世界中で400万の小売店で販売されています。

    • 会社の株式を買うことができますか?または非公開会社ですか?

      SOCIÉTÉ BICは、ユーロネクスト・パリ市場の上場会社です。BICの株式は、株式仲買人を通じて個人の投資家も購入できます。株式はUSドルではなくユーロで取引されています。最新の株式相場がBICの株価ページ(ユーロ)でご覧頂けます。

    • BIC商品のディストリビューターになりたいのですが、何が必要ですか?

      各国のディストリビューターについての情報は、こちらをクリックしてください。

  • ステーショナリー商品
    • 筆記具のリフィルはどこで購入できますか?

      リフィルは、様々な小売店/文具店で購入できます。 

    • ペンキャップやペン軸など、商品の部品を購入できますか?

      商品の部品は販売しておりません。完成品のみを販売業者や小売店に販売しています。

    • BIC®ペンを保管するのに適切な方法はありますか?

      ペン先を下にしたままBIC®ペンを保存する必要はありません。しかし、ペンを使用しない場合はペン先を保護することをおすすめします。クリック式ペンの場合、使用しない場合はペン先を引っこめ、キャップ付きペンの場合は、毎回の使用後必ずキャップをしてください。

    • BIC® Cristal®ペンのペン軸に穴があるのは?

      ペン軸の穴は、ペンの内側と外側に同程度の空気圧をもたらし、これによりインクがペン先に流れるようになります。これは、「通気システム」と呼ばれるものです。一部のボールペンは、ペン先が近いところにあり、通気システムが分かりにくいものもあります。

    • 筆記具のキャップに穴があるのは?

      一部のBIC®ペンでキャップに穴があるのは、誤って飲み込んでしまった場合に、息が完全に詰まるのを防ぐためです。これは、キャップが大きく飲み込めない場合を除いて、国際安全規格ISO11540により要求されているものです。 

    • シャープペンシルの替芯は購入できますか?

      一部の国では、替芯付きのシャープペンシルを販売しています。必要なサイズに合わせて、一般に市販されている替芯で対応できますので、お近くの文具店でお求めいただけます。

    • シャープペンシルの消しゴムは購入できますか?

      一部の国では、予備の消しゴム付きのシャープペンシルを販売しています。 

    • BIC®ペンのインクはどれほど持続しますか?

      BIC®ボールペンは、2 km(1.2マイル)以上の筆記が可能です。

    • BIC® Cristalシルバー®は現在も取り扱っていますか?

      シルバーBIC® Cristalシルバー®は、1989年~1992年の間に限定数量にて発売されたもので、現在は取り扱っておりません。

  • ライター
    • BIC®ライターは子供による誤った操作を防ぐ機能(CR機能)が付いていますか?

      すべてのBIC®ライターはISO 9994国際安全規格に適合しており、またそれらを上回る条件を充たしています。また、EU、北アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国で販売されているすべてのBIC®ライターは子供による誤った操作を防ぐ機能(CR(チャイルド・レジスタンス)機能)が付いています。ただし、他社のライターと同様、お子様の手の届かない所に保管してください。お子様にとって安全なライターはありません。大人が正しく管理するのが最良の方法です。

    • BIC®ライターは充填可能ですか?

      すべてのBIC®ライター(ポケットライター、多目的ライター)は再充填できません。

    • BIC®ライターの使用時に特別に注意することはありますか?

      ライターまたはパッケージにある使用上の注意事項をよくお読みください。その他の質問については、こちらをクリックしてください。
      注意:BICは、ライターに関してインターネットやその他の手段で確認できる動画やドキュメントについて十分な注意を払うようお願いしています。通常の使用以外でライターを使用することは危険です。

    • フルサイズのBIC®ライターで使用できる回数は?

      最大3,000回です。

    • BIC®ライターが購入できる場所は?

      国により異なります。コンビニエンスストアやタバコ屋、スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアで購入できます。 

  • シェーバー
    • シェーバー(カミソリ)を使用する際はクリームまたはジェルが必要ですか?

      はい。これにより快適に剃ることができます。剃る前にクリームまたはジェルを使用することにより、肌を湿らせ、毛を柔らかく立たせ簡単に剃ることができます。

    • 一つのシェーバーはどのぐらい使用できますか?

      肌と毛の種類に応じて異なりますが、平均して約1週間使用することができます。数回のシェービングで交換が必要な人もいますが、15回シェービングできる人もいます。硬い毛の場合は刃がすぐに剃りづらくなり、柔らかく細い毛の場合は刃への影響は少なくなります。

    • シェービングの適切な方向は?

      (根元の反対方向ではなく)毛の流れに沿ってシェービングする必要がりあります。反対方向にシェービングすると、肌に炎症や刺激を起こすおそれがあります。剃りにくい場所は、短くしっかりと、注意深く剃る必要があります。

    • シェービング後の肌の乾燥を防ぐことができますか?

      シェービング時に石鹸を使用しないでください。肌が乾燥しやすくなります。肌を柔らかくし、毛を立たせるため、シェービング前にシェービングクリームまたはジェルを使用してください。シェービング後はモイスチャークリームを使用して乾燥を防ぎます。

    • 顔に敏感な部分があります。シェービングクリームで隠れてしまった場合に、このような部分を避けて剃るには?

      一部の国では、透明または半透明のジェルがお求めいただけます。

  • インク汚れまたは修正液汚れの除去
    • ボールペンのインクを取り除くためのヒントは?水性ボールペン、ゲルボールペン、蛍光性のインクは?ドライイレースインクは?

      重要:以下のインク除去方法を試す前の注意事項:一部の表面および生地は、ヘアスプレー、消毒用アルコール、汎用洗剤の使用により傷むおそれがあります。懸念がある場合は目立たない場所でテストしてください。これらの方法で必ず除去できるわけではありません。

      筆記具のインクは、紙またはその他の筆記表面で書くために設計されています。一部の素材や生地に汚れをつける可能性のある材料が含まれます。弊社は、汚れ除去方法のいずれも保証できず、責任を負いませんが、次の方法を試されることをおすすめします。

      ボールペンのインクには、アルコールベースのヘアスプレーの使用をおすすめします。ヘアスプレーのアルコール成分は、インクを分解します。インクが衣類についた場合、ヘアスプレーをかけます。汚れの下にペーパータオルまたは布きれを置き、余分なインクを除きます。次に布きれで汚れを染み込ませます。汚れが消えるまでこの手順を繰り返した後、いつも通りに洗濯します。

      インクが衣類以外のものについた場合、その汚れに直接ヘアスプレーをかけ、きれいなペーパータオルまたは布きれで拭き取ります。汚れの大きさに応じて数回これを行う必要がある場合があります。

      水性ボールペン、ゲルボールペン、蛍光性のインクは水性であるため、ヘアスプレーではなく、汎用洗剤の使用をおすすめします。

      インクが衣類についた場合、汎用洗剤を使用します。汚れの下にペーパータオルまたは布きれを置き、余分なインクを除きます。次に布きれで汚れを染み込ませます。汚れが消えるまでこの手順を繰り返した後、いつも通りに洗濯します。

      インクが衣類以外のものについた場合、その汚れに汎用洗剤を直接使用し、きれいなペーパータオルまたは布きれで拭き取ります。汚れの大きさに応じて数回これを行う必要がある場合があります。

      ドライイレースインクは、ホワイトボードなどの表面のみ消せますが、他の素材では消せません。一部のケースでは、アルコールシート、またはアルコールを染み込ませた布きれやペーパータオルを使用してインクを取り除くことができます。インクが衣類についた場合は、素早く予洗いをしてから、いつも通りに洗濯します。
       

      油性マーカーインクは、永久的に持続するよう作られているため、消せません。しかし、一部のケースでは、消毒用アルコールを使用してインクを除去できる場合があります。インクが衣類についた場合は、汚れの下にペーパータオルまたは布きれを置きます。別の布きれまたは用紙を使用して、消毒用アルコールで汚れを軽くたたきます。汚れが消えるまでこの手順を繰り返した後、いつも通りに洗濯します。インクが衣類以外のものについた場合、消毒用アルコールで汚れを軽くたたき、きれいなペーパータオルまたは布きれで拭き取ります。汚れの大きさに応じて数回これを行う必要がある場合があります。

      すべてのインク:上記の方法で汚れが完全に除去できない場合は、専門のクリーニング業者または汚れがついた製品のメーカーにお問い合わせください。他の方法をおすすめしたり、より専門的な方法で除去したりしてくれるかもしれません。

       

    • 洋服や家具などについたTipp-Ex® / Wite-Out® / BIC®修正液の汚れを取り除く方法はありますか?

      重要:修正用品は、筆記具のインク、鉛筆、タイプライター、ファクス、コピー文書の修正に使用されるものです。一部の素材や生地に汚れをつける可能性のある材料が含まれます。弊社は、汚れ除去方法のいずれも保証できず、責任を負いませんが、次の方法を試されることをおすすめします。

      以下のインク除去方法を試す前の注意事項:ミネラルスピリットの使用により、色やニスが落ちる場合があります。懸念がある場合は目立たない場所でテストしてください。シトラスベースの洗剤を試す場合、メーカーの注意事項に従い、最初に目立たない部分で試してください。これらの方法で必ず除去できるわけではありません。

      Tipp-Ex® / Wite-Out® / BIC®修正液が乾いた後、爪またはコインの端で汚れ部分をこすってください。

      Tipp-Ex® / Wite-Out® / BIC®修正液は、研磨石鹸または軽石の石鹸を使用して手で落とすことができます。

      Tipp-Ex® Aqua / Wite-Out® Water-Base修正液は、水性であるため、洗濯機で洗剤と水で落とすことができるでしょう。ドライクリーニングを使用する場合は、水性のものであることを伝えてください。

      Tipp-Ex® Aqua / Wite-Out® Water-Base修正液を除いて、すべてのBIC®ブランド修正液は油性です。ミネラルスピリットまたはシトラスベースの洗剤はこれらの修正液を溶解します。ドライクリーニングのみ可能な衣類に汚れが移った場合は、クリーニング業者に溶剤型塗料であることを伝えてください。これにより、適切な対応が可能となります。

      重要:上記の方法で汚れが完全に除去できない場合は、専門のクリーニング業者または汚れがついた製品のメーカーにお問い合わせください。他の方法をおすすめしたり、より専門的な方法で除去したりしてくれるかもしれません。

      注意:Tipp-Ex® / Wite-Out® / BIC®修正液をいったん紙につけると、取り除くことはできませんが、紙に害をもたらすことはありません。